喜び感動をお届けし笑顔をいただく地域密着企業

商品の売り方、マーケティング、目標などを一緒に考え、

一人でも多くのお客様の心をつかみましょう!

経営者様にとって営業強化は必須です。良い商品を取り扱いしていても、それを伝え、販売し、利益につなげなければ“宝の持ち腐れ”で終わってしまいます。

しかし、多くの中小企業の経営者様が抱える悩みに、

1)営業スタッフがいない。

2)営業する時間がない。

3)営業スタッフを募集しても応募がない。

4)営業スタッフはいるが成果が上がらない。

5)営業スタッフを雇う費用がない。

などがあげられます。

当社ではこうした悩みをかかえる経営者様の営業フォローを全力でサポートし、売り上げアップに貢献できるよう努めます。

当社が大切にしている“営業スタイル”

『心の距離感』

人と話をするとき、自分が一番リラックスして話せる、相手との距離や角度もしくはシチュエーションなどがあると思います。ドアオープン後、お客様との距離間や立ち位置を説明する内容が記された多くの営業ハウツー本がありますが、対面営業が難しい昨今において、相手に不快感を与えず、話を聞いてもらい、成果をあげることは至難の業です。ですが営業マンは常に結果が求められます。従来のやり方では通用しないことのほうが多いでしょうが、いつの時代においても普遍的な方法もあるのではないでしょうか?それが、当社が考える“心の距離感”です。相手との物理的距離間(遠近、角度、状況)よりも、心の距離感(信頼、安心)を意識した対応を心がければ、おのずと活路は見えてくると信じています。これは営業力というよりも、むしろ人間力を鍛える必要があり、日々の行い、考え方、思いやりなどがそのまま繁栄されます。

 

『行動あるのみ』

販売実績を上げるためには何よりも“行動する”ことです。どんなに良い商品を取り扱いしていても、売り込むための行動、つまり営業をしないと目標は絵に描いた餅となってしまいます。もちろん闇雲に何の策略もなく動くだけでは時間の無駄です。まずはしっかりと目標を定め、いつどこで、誰に、何を、どうやって販売するかを考えることは重要ですが、これに時間ばかりかけすぎていても売り上げは上がりません。一番時間を費やすべきなのは、やはり行動すること。実際、現場で数多く面談回数をこなしていくと、自分たちの商品がどう思われているのか、なぜ売れないのか、など様々な声にたくさんのヒントがあります。ひとりでも多くのお客様のご意見に耳を傾け、客観的に自分の商品、営業方法を見直しその都度修正していく。そのためにも行動を続けることが大切です。

『商品以上に自分を売り込む』

私は社会人になって以降、色々な営業経験してきました。教材販売、段ボール製品、羽毛布団、雑誌、広告、生命保険、新聞。ほとんどが飛び込み営業です。500円ほどの商品もあれば100万円を超える高額商品の交渉もしました。価格に関係なく、商品知識を十分に理解したうえで、ツールを用意し、営業トークを考えるなど事前準備をしっかりすることは当然大切なことですが、それで契約が取れるくらいなら苦労はしません。なぜなら相手は人であり、感情の生き物だからです。お客様が契約をするかどうかのポイントは、商品よりも、むしろ営業マンの印象や信頼性のほうが大きいのではないでしょうか。“この人なら信用できる”“この人から商品を購入したい”。つまりお客様から信頼を勝ち取る“自分の売り方”に多くの時間を費やし、自分ファンをたくさん増やすことに意識を集中させたほうが成果が出ると思います。自分を売り込むために自己研鑽することは必ず自己成長へとつながり、さらに厚みが増した自分を売り込み、成果が上がればこの上ない幸せです。

扱い商品、活動する地域、営業する人、時間、流行の変化・・・など、日々刻々と変化する状況の中で成果をあげることはとても大変なことです。何が正解なのか解ればどの経営者様も苦労はしません。しかし、いつの時代でも決して変わらない普遍的な考え方はあると思います。当社で出来ることを最大限活かし、お客様とともに成長していけたら幸いです。

©2016 株式会社ファインド